2007年06月19日

自動車検査証プラスアルファ

「自動車検査証」俗にいう「車検証」を取り出してじっくり見る人はあまりいないと思います。
この書類にお目にかかるときは、任意保険継続のときや事故を起こしてしまったときなどに限定されるからです。なにもないまま次の車検を迎える人は、任意保険継続のとき以外は、車の助手席側についているダッシュボードの蓋を開けることもおそらくないでしょう。

 私は、数回引越しの経験があり、その都度リアルタイムで車検証の住所を変更してきました。
引越しのための諸々の手続きが済むと、地元の「自家用自動車協会」へ向かい、車検証の住所変更手続きをします。

そのためには、住民票の写(手数料250円)を持参します。さらに、そこでは「特別会費」2,000円、「住所変更手数料」1,500円も必要になります。(いずれも平成14年度の費用)もちろん、車検証と印鑑も用意しなくてはなりません。

お堅い手続きは、いろいろと面倒なことも多いのですが、変更すべき事柄は引越しの勢いですべて済ませておくと、その後精神的に楽になります。

私は、いままで車検証をコピーする機会はありましたが、じっくりと内容を見ることがありませんでした。しかし、今回新しくできた車検証を見て初めて気づいたこともあります。
それは、車検証の太枠の中に記載されている「交付年月日」です。それは引越しのための手続きをした日になっているということです。ちなみに、車検証の右上にある交付年月日は、今回発行した平成19年6月8日付です。

さらに、車検証の半分くらいの大きさの用紙がホッチキスで留められていることに気づきました。いままでにはなかったことです。それは車のリサイクルに関する書類でした。[A券]預託証明書(リサイクル券)、[B券]使用済自動車引取証明書、[C券]資金管理料金受領書の3部が1枚にまとめられていたのです。

私は、個人で車の売買や処分をすることはありませんので、リサイクル券とは無縁です。しかし、今回の「軽自動車車検」を通じて、車検証の記載事項も含め、いろいろと知らなかったことを勉強することができました。どんなことでも知識として蓄えておくことが、自分の財産になると思います。
posted by 軽自動車車検 at 22:19 | TrackBack(0) | 軽自動車車検
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4617585

この記事へのトラックバック